究極の組立家具的DIY!カットサービス付きの木材ネット販売でロフトベッドをDIY自作したら?

ベッドDIYには挑戦したいけれども...

さて、このブログで紹介しているベッド製作本はホームセンターで木材を自分で選別し、自分で運んで、自分で組み立てることを前提としています。(まあ一般的なDIYはそういうものですが)

ただ、ベッドを作るとなると扱う木材も長いものが多く、ホームセンターのカットサービスを使ったとしても選別から家に持ち帰る工程はかなりの重労働です。

免許がないと作れない!

多分、ホームセンターでは木材の配達までをしてくれるところは少ないのではないでしょうか。そうなると、このベッドDIYには「車の免許を持っている人」が必要になります。
(手持ちや自転車での運搬はまずムリ。タクシーも普通のタクシーには乗らない)

自家用車を使うにしろ、ホームセンターの軽トラックレンタルサービスを利用するにしろ、誰か車が運転できる人に木材を家まで持ってきてもらわないとベッドが作れません。

免許もないし、車を運転できる人の協力も得られない、という状況の方、もしくは免許はあるがペーパードライバーなので、店の軽トラックをいきなり運転するのは怖すぎる方がこのベッドDIYを実行するにはどうするか...。

カットサービス付きの木材ネットショップを発見!

もしカット済みの木材を家まで運んでいるお店がネットにあれば、このベッドDIYももっと身近になるはず!と思い調べてみたら、ありました!
それが「オカモク」さんです。
このお店がスゴイのは、「直線カット無料」「送料無料」という二大特典が付いてきます。送料無料となるのは19,000円以上の買い物をすることが条件ですが、ベッドづくりとなるとその値段は確実に超えるので、送料無料は確定

ホームセンターで自分で木材を買うよりは割高にはなりますが、カット済み木材が自宅に届くので、あとは「手順書に従って組み立てるだけ」で頑丈ベッドが出来上がります。

組立家具にはない低コスト、頑丈さ、無垢材の豪華さと何よりも「達成感&パパスゴイ!」とお子様からの尊敬のまなざしが向けられることでしょう。

カンタン手順でカット済み木材が届く!

  1. 手順書を購入
    まずは手順書がなくては始まりません。下記のページを参考に、ベストなタイプの手順書を入手してください。
    2x4材のDIYロフトベッド、二段ベッドを自作する完全手順書をまとめて解説
  2. 木材を購入
    上記か下のリンクからオカモクさんの売り場に行って手順書に書いてある木材を購入します。注文の際、備考欄にて必ず「メールでカット詳細を連絡する」という項目に
    チェックをしてください。
  3. 手順書から木取図を画面キャプチャしてメール送付
    手順書の木取図をスクリーンショットなどでキャプチャし、画像ファイルで保存します。木取図の画像をオカモクさんにメール添付で送ればOK!
  4. 黙って待てばカット済み木材が届く!!

気になる費用は?

では、オカモクさんのネット通販でこのブログで紹介しているロフトベッドの材料を調達したら果たしておいくらになるでしょうか。

現在大人気、大好評発売中の下記の「階段付きロフトベッド」を製作する場合の費用をシミュレーションしましょう。

予算1.5万円!初心者でも超簡単DIY! 階段付きロフトベッド 製作手順書

必要な木材

このベッドを作るのに必要な材料は下記の通りです。
(オカモクさんは長い材料は割高に設定されているので、コストを抑えるために手順書の2通りの木取りからパターンBを採用)
  • 2X4材 8feet 17本
  • 2X4材   6feet   5本
  • 1X4材 8feet   9本
  • 1X4材 6feet   7本
  • 細ねじ(スリムスレッド)またはコーススレッド 65mm 500本
木ねじはそれほど持ち帰りが大変なものではないですし、ホームセンターでも1000円以下で買えるので、オカモクさんからは木材のみ調達することとしましょう。
木ねじはこんな感じのお安いもので十分。

価格:648円
(2018/5/22 00:15時点)


では、早速それぞれ木材の価格調査。
(価格はこの記事の執筆時点での価格のため、変更される場合があります)

※クリックするとオカモクさんの売り場に飛びます。

価格:1,080円
2x4 8feet
価格:790円
2x4 6feet

価格:890円
1x4 8feet

価格:690円
1x4 6feet

気になる総額は?

  • 2X4材 8feet 17本 
  • 2X4材   6feet   5本
  • 1X4材 8feet   9本
  • 1X4材 6feet   7本 で、
1,080 x 17 + 790 x 5 + 890 x 9 + 690 x 7 = 35,150 円 になります!

あと、この製作手順書の価格が380円(重要)、上記の木ねじが1000円程度と考えると、トータルコストは「36,500円くらい」といったところです。

オカモクさんを使うメリットは?

さすがに自分でホームセンターに行って、SPFのツーバイ材を買うよりは2倍以上は高くなります。が、オカモクさんの木材はホームセンターのSPF材よりはるかに質が良いと評判です(上記のオカモクさんの商品レビューを参照)。

わざわざホームセンターに行ったけど質の良いSPF材がなくてオカモクさんで買った人もいるほど。木の品質にも心配なさそうです。

ホームセンターでSPF材を買う場合、し烈な選別の戦いが発生します。これがまた重い木材を上げたり下ろしたり大変な作業。

ツーバイ材(2x4ツーバイフォー・1x4ワンバイフォー)のホームセンターでの選び方完全ガイド を参照。

オカモクさんで必要な木材を購入し、この手順書の木取り図を送れば、無料でカットして無料で送ってくれます。これを考えると決して高いとは言えないのでは?

組立家具を買うといくらかかるか?

カット済のキレイな材料が家に届く!なんとスバラシイ!あとは手順書通りに組み立てるだけ、となったら、ほぼ組立家具!と考えれば、実は36,500円でも超安いです。

「36,500円も出すならいいベッドが買えるんじゃない?」と疑う方、ぜひAmazonや楽天を検索してみてください。階段付きの木製ロフトベッドを買うと、安いものでも五万くらい、ちょっとクオリティ高めのものは10万近くします。

しかも数千円の送料が発生するうえに、当然自分で組立しなければならないので、それなりの時間と労力は要します。重い木材の束を玄関から部屋まで運ぶのも一緒。電動ドライバーが必要(なくても組立家具はできるが圧倒的にあった方が良い)なのも一緒。となると、よくよく考えれば...。

カット済み木材が届くDIYも、組立家具もあまり変わらなくないですか?

さらに、組立家具のベッドよりもこのDIYベッドの方が木が太くて頑丈に見えると思います。それもそのはず、このDIYベッドはそもそも家の建築に使う2x4材を主要な構造に使っているので当然ですね。

DIYなら部屋に合わせて自分で多少のサイズ調整ができるのも大きなメリット。

何と言っても達成感!

個人の意見ですが、なんと言っても組立家具と違って、木材からのDIYを自分で組み立てた後の達成感は格別です!

経験者から言わせていただくと、子供のために作ったのに、子供に頼みこんで自分が寝させてもらいたくなるくらい愛着がわきます(意見には個人差があります)。

最後にまとめ!
カット済み木材ネット販売利用のDIYロフトベッドのメリット・デメリット


  • メリット
    • トータルで安い
    • 組立作業は楽しい
    • 柱が太くて頑丈
    • 部屋の大きさや体格に応じて自分で寸法を変えられる
    • 達成感が得られ、尋常でない愛情がわく
    • 子供・家族に尊敬のまなざしで見られる
  • デメリット
    • 組立ミスの可能性が多少ある→手順書通りに丁寧にやれば初心者でも大丈夫!
    • 製造元による保証はなく、製作も使用も自己責任
      →強度的にはかなり丈夫な設計です。足の柱はツーバイフォー材二本を結束して89×76でかなりの太さです。
    • 電動ドライバーが必須
      →著者としてはインパクトドライバーの使用が推奨ですが、「数千円の電動ドライバーでも問題なし」と製作者からのレビューで報告がありました。
      ※ 初心者向けインパクトドライバーのおススメは コチラ
    • 組立に半日はかかる
      →組立家具でも2〜3時間くらいはかかるので、目安としてはその2倍くらいです(個人差はアリ)

ぜひ皆さんも木材ネット通販を利用してベッドDIYのチャレンジを!
細かい手順は下のリンク から!部屋の広さや高さに応じて8タイプをご用意しました。

0 件のコメント :

コメントを投稿